• ホーム
  • 美肌になれないのはファンデーションが原因?対策法は

美肌になれないのはファンデーションが原因?対策法は

化粧は美しくなるためにするものですが、もしこの化粧が原因で美肌になるチャンスを逃しているとしたらどうでしょう。
その可能性がもっとも多いアイテムがファンデーションです。
ファンデーションはベースメイクとして顔全体に使うものなので、どうしても肌に合わないものだと負担が大きくなってしまいます。
使われている配合成分によってはアレルギーや痒みやかぶれ、赤みなどが現れることがあるので、そうした場合は使用を中止しなくてはいけません。
ただ、長年使っているとその症状に慣れてしまい、ダメージに気が付いていないということも考えられます。

美肌のためにはなるべく負担の少ないファンデーションをと思いますが、成分だけでなく使い方にも問題がある場合があります。
例えばクレンジングをちゃんとしていなければ毛穴に汚れが残ってしまうのでくすみや吹き出物の原因になりますし、ファンデーションを塗る際に使うパフを清潔に保っていないことも肌荒れの要素です。
特に毎日メイク成分をしっかり落とし切るということは美肌には重要なことですので、落としやすいファンデーションを選ぶということもポイントかもしれません。

その代表的なものがミネラルファンデーションです。
鉱物を細かく砕いて、余計なものを加えないオイルフリーでクレンジングがいらないというのが特徴のファンデーションですが、カバー力に劣り、シミやしわが隠せないといったデメリットもあるようです。
ただ、カバー力が高いということはそれだけ肌に負担が大きいということにもなり兼ねませんので、本当の美肌を目指すならシミやしわを作らないことを目指すようにしましょう。

化粧をしながらも美肌を達成するには肌に負担のないアイテムと使い方がポイントです。
年齢や季節によっても肌の調子は変わっていきますので、いつも同じファンデーションを使い続けるということも考え物です。
時には新しいものを発見するつもりでコスメショップを探索してみるとよいでしょう。

ファンデーション選びで大事なポイント

美肌になるためにはファンデーション選びがとても重要になります。
自分の肌の欠点や悩み、肌質や目的、理想やメイクアップ方法にぴったり合致した最適なファンデーションを選ぶことが美肌への近道となります。
自分の肌にぴったり合った最適なファンデーションを選ぶためには、自分の肌の欠点や悩みの原因をきちんと特定しておくことも大切です。

汗や皮脂の過剰分泌や毛穴の開きやテカリやべたつきや化粧崩れが気になる人には、シリコン系のファンデーションがおすすめです。
毛穴や肌の凹凸やざらつきやごわつきやキメの粗さを瞬時にカバーしてくれて、汗や皮脂で化粧が崩れるのを防ぐ効果も期待できます。
シミが気になる場合は、UVケア効果やカバー力が高いファンデーションを選びましょう。
乾燥やしわが気になる人は、保湿力が高いものやメイクしながらスキンケアをすることが出来るミネラルファンデーションを選ぶのがおすすめです。

ファンデーション選びをする際に、配合成分に着目することも大事なポイントとなります。
毛穴の開きやテカリや化粧崩れを解消させるためにはシリコン系成分が配合されているかどうかをチェックしておく必要があります。
また、乾燥が気になる場合はコラーゲンやセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合されているかどうかをチェックしておく必要があります。
UVケア効果を重視する際は、SPFの数値がなるべく高いものを選びましょう。

ファンデーションを馴染ませる際に使用するアイテムによっても仕上がりに差が出ます。
ふんわりと仕上げたい場合はパフを使用し、しっかりと馴染ませたい場合はスポンジで叩き込むように馴染ませるのがおすすめです。
ミネラルファンデーションと相性が良いのはブラシです。最適なファンデーションを選んで美肌に導きましょう。

人気記事一覧